ニキビ痕のケア方法は?

ニキビ痕

ニキビができると、その後痕が残ってしまうことがあります。

 

クレーターのようにニキビがあった部分がくぼんでしまうわけですが、もしこのような痕が残ってしまったらどうケアするべきなのでしょうか。

 

まず、こうしたニキビ痕というのはメラニン色素の沈着が原因でできてしまいます。

 

人間の肌は自分自身を守るための機能が備わっており、そのためにメラニン色素を作り出し、沈着させます。

 

その結果ニキビ痕ができてしまうということになり、これはある程度仕方のないことだとも言えます。

 

そのため、まずはニキビができないように予防をしっかりとするということが大切になってくるのですが、それでもニキビができてしまうことはありますし、痕が残ってしまうこともあります。

 

そうなってしまった時に有効な方法が角質層を除去するという方法です。

▲上へ戻る