キメの細かい泡が大切

キメの細かい泡

きめ細かな泡で洗わなければならないのは、肌でも顔や太ももなど同じような皮膚でも厚さなど違いがあります。皮膚でも薄いと言われているのはデリケートな部分に近い内ももや顎の部分などが薄いと言われています。

 

また肌の角質は0.02cmと言われていて非常に薄いんです。

 

ですので洗顔の時とかでも思ったよりも傷がつきやすくすっぴんの時とかではやはり洗顔でダメージを負いやすいというのがスキンケアの基本とも呼ばれている洗顔におきやすいんです。

 

ですのでキメの細かな泡で洗うというのは大切で、キメが粗いと洗っている時に泡の弾力がなくなりやすいので肌に対して必要以上に擦りやすいということにつながりやすいんです。

 

キメが細かい泡だと弾力性もあるので力を入れなくても逆にスルスル洗いやすいため肌にも優しい傾向があると言われています。

▲キメの細かい泡が大切 上へ戻る
キメの細かい泡が大切 先頭へ戻る