思春期ニキビと大人ニキビの原因は異なる?

思春期ニキビ

10代の頃に出現する思春期ニキビと成人後にも出現する大人ニキビは同じニキビというくくりでも、厳密には異なるものです。

 

それぞれ発生する原因が異なるため種類が違うニキビであると考えられますので、厳密には対処法も若干異なります。

 

思春期ニキビが発生する原因はホルモンバランスの崩れが原因であると考えられます。

 

10代は人間が肉体的にも精神的にも成長する時期です。

 

活発に分泌される成長ホルモンの働きによって体が成長していく反面で、皮脂も過剰に分泌されてしまいます。

 

顔がベタつくほどに皮脂が分泌されてしまうことがニキビができやすくなる一番の原因です。

 

毛穴に皮脂汚れが詰まってしまうことで細菌が繁殖して炎症を引き起こしニキビが発生することになります。

 

皮脂が多く分泌されやすいTゾーンから頬にかけてが多く発生しやすいのが特徴です。

▲上へ戻る