肝斑の特徴と解消法の情報ページ

肝斑の特徴について考えてみた

肝斑の特徴

30代から、40代ぐらいの女性の方で、比較的色黒の方に、多い肝斑は、頬などに扇状に広がる、茶褐色のシミで、ホルモンのアンバランスなどが、原因だと言われています。

 

妊娠中の女性や、経口避妊薬を服用している方は、黄体ホルモンのアンバランスなどが、原因の場合が多いと思います。

 

通常のしみと違って、大変、目立つので、誰にも相談することが出来ず、悩んでいる方が多いと思います。更年期の女性にも、現れやすいシミだと思います。

 

経験と実績が豊富な医師が揃っている美容皮膚科に通院されてみると良いと思います。丁寧なカウンセリングを受けることが出来るので、医師に相談してみると良いと思います。

 

トラネキサム酸は、色素沈着を抑える効果が期待できるので、ビタミンCと同時に、摂取することで、改善が期待できると思います。美容皮膚科などでは、内服薬として、処方してもらうことが出来るので、しばらくの間は、続けてみると良いと思います。

 

服用後、6か月ぐらい続けてみると、シミが薄くなってきたり、改善効果が期待できると思います。肝斑には、内服薬の治療が、中心になってくると思うので、根気よく続けてほしいと思います。

 

普段の生活では、過度に紫外線に当たらないように注意して、日焼け後は、美白効果の高い基礎化粧品などを使用して、丁寧に保湿をしておくことが大事だと思います。閉経後は、肝斑が薄くなってくる方が多いので、参考にしてほしいと思います。

 

過度のストレスを溜めないようにしてほしいと思います。肝斑はどんな方でもでき易いですが、保湿をしっかりすると毛穴ケアにもなりますし、ようするに真皮が乾燥してしまっているというのもあるので、セラミドをしっかり補充していくとよいでしょう。

肝斑の特徴と解消法 記事一覧

肝斑の特徴と解消法 先頭へ戻る