妊娠中のシミやスキンケアの方法は?の情報ページ

妊娠中のシミやスキンケアの方法

妊娠中のシミやスキンケア

妊娠の状態を保つために欠かせないこのプロゲステロンが、実はシミにも大きく関係しています。

 

プロゲステロンは、紫外線の感受性を高める、という働きも持っているのです。

 

つまり、紫外線が弱い時期でも肌は敏感に感じ取ってしまうため、シミができやすいのです。

 

また、妊娠中は、体調が悪くなる、つわりが起こるなどでストレスを受けやすくなります。

 

さらに、体調不良で睡眠不足になったり、食生活が不規則になるので、体の機能が低下してしまうこともあります。

 

ですから、紫外線に対して肌が弱くなっている上に、体の状態も悪化するので、ターンオーバーも低下してしまいます。

 

ターンオーバーが低下すると、メラニン色素の排出が滞るので、よりシミができやすくなってしまうのですね。

 

このように、妊娠中はシミができやすい状態が揃ってしまうので、普段以上に紫外線対策や美白ケアが必要なのです。

妊娠中のシミやスキンケアの方法は? 記事一覧

妊娠中のシミやスキンケアの方法は? 先頭へ戻る