低分子化されたコラーゲンを摂取しようの情報ページ

コラーゲンでも低分子化されているのを摂取しよう

低分子化されている

コラーゲンは、鶏の手羽先、すっぽん、魚のアラなど、さまざまな食品に含まれています、

 

しかし、食品に含まれているコラーゲンは、分子量が大きく、体に吸収されにくいという難点があります。コラーゲンを摂取した場合、まずは、体内で消化して分解しなければなりません。

 

しかし、コラーゲンがしっかり体内に吸収できるサイズに分解するまでには、かなりの時間がかかります。

 

そのため、コラーゲンを摂取しても、体内に吸収しきれずに、そのまま排出されてしまうことも多くなっています。体内吸収率を高めるために加工されたコラーゲンが、低分子コラーゲンです。一般のコラーゲンは分子量が300,000であるのに対し、低分子コラーゲンは、分子量がたったの3,000となっています。

 

ここで言う分子量とは、コラーゲンの成分の大きさを表しており、この数値が小さければ小さいほど、成分のサイズも小さくなっています。そして、成分が小さくなるほど、肌への浸透率、体内への吸収率が高くなります。

低分子化されたコラーゲンを摂取しよう 記事一覧

低分子化されたコラーゲンを摂取しよう 先頭へ戻る