首のニキビに注意しよう

首のニキビ

ニキビと言えば顔に出来るイメージがありますが、実は年齢によってはそれ以外の部分に結構出来てしまう事が少なくありません。

 

例えば、顎から首回りに出来てしまうことがあり、それを首ニキビと呼びます。

 

ただ思春期にはなかなか出来ず、一般的には20代に入ってから出来やすくなるの物です。

 

さて、首のニキビですが、一度できてしまうとなかなか治りません。

 

また色素沈着をしてしまったり、ケロイド状になってしまう事があるので、出来るだけそれにならないように予防する必要があります。

 

では実際にどうすれば予防する事が出来るのでしょうか。

 

その原因としてはやはり皮脂の分泌が過多となってしまうことなのですが、根本的な原因としてはストレスとか生活の変化、睡眠不足等を挙げる事が出来ます。また汗をかいたままにしたり、首をきれいに洗わなくなってしまった時、髪の毛の先が当たって刺激を与えてしまう時も悪化してしまうので注意が必要です。

 

洗剤が残っている時などもブツブツと出来てきてしまうので、体を洗う時や洗髪の時はしっかりと洗い流すようにしましょう。

 

その為、出来るだけ清潔を保つことが重要です。

 

またきれいにする時は、出来るだけ刺激を与えないようにします。

 

首にニキビができやすい方は顔にもできやすい方も多いので、しっかり顔のニキビ改善の為のスキンケアでニキビ自体が色素沈着や痕にならないようにケアしていきましょう。

▲首のニキビに注意しよう 上へ戻る
首のニキビに注意しよう 先頭へ戻る