肌の水分量を少なくしないのがポイント

肌の水分量

肌の角質層には20パーセントほど水分があると言われていますが、水分が外に流出しやすくなると肌バリアが低下しやすくなります。

 

そのため保水力を高めることで肌の水分量が外に出ていかないようにしなくてはいけません。

 

水分量を保つのにはセラミドの補給が一番です。

 

肌バリアの部分に当たる角質層はコラーゲンとエラスチンを補給してあげると最適です。よって肌バリアが低下しやすい特に洗顔時に顔を擦りすぎるとセラミドが流出しやすいとも言えます。

 

また古い角質は代謝不足にあると落としたほうが良いと言われていますが、角質層自体落としすぎるとよくないですし、皮脂も取れすぎてしまうので、クレンジングと洗顔の両方を行うW洗顔は洗浄しすぎないようにしていくと良いでしょう。

 

キメが細かいと毛穴周りのザラつきも取れやすく代謝もアップしやすいので価格は高いかもしれませんが、特に洗顔は大切にしていくとよいでしょう。

▲肌の水分量を少なくしないのがポイント 上へ戻る
肌の水分量を少なくしないのがポイント 先頭へ戻る