ニキビとシャンプーの関係

ニキビとシャンプー

古い角質が落ちにくくなると肌がくすみやすくなりますが、代謝不足によってもおきやすくそれらが毛穴を塞いでしまうとニキビができやすいので、顔にニキビが出来やすい人でまだニキビが今はないときはピーリング石鹸を使用してみると良いでしょう。

 

また顔のミネラルバランスを整えるのも良いと思います。

 

頭皮にもニキビが出来やすいのですが、そんなときは、海藻シャンプーを使用していくと効果的でしょう。

 

頭皮のニキビもシャンプーなどヘアケア関連で出来やすい場合もあります。例えば私も昔そうでしたが、ヘアカラーをしている時に現役が頭皮についていましたが、その後その部分がニキビになって当分痛かった記憶があります。また背中のニキビもシャンプーを変えるとよくなったりすることがあるようです。

 

ニキビが増える一つがシャンプーにあるというのはシャンプーをすすぐときは、背中にほとんどすすぎ液がかかるということが挙げられます。そしてシャンプーの洗浄成分が高級アルコール系を使用しているのが多いため残留性が高くタンパク質変性作用があるため毛穴の代謝が落ちてニキビが出来やすいと言われています。

 

私も肩あたりにニキビが多かったのですが、特別背中のニキビのケアを何もしなかったのですが、シャンプーを変えてから背中にニキビが出来にくくなりました。

▲ニキビとシャンプーの関係 上へ戻る
ニキビとシャンプーの関係 先頭へ戻る